活動・取り組み

カバストマルシェ

宵田商店街(カバンストリート)は、古くは但馬の産品が集り多くの人々が交流する賑やかな商店街であったが、様々な時代の変遷を経て、現在では店舗数の減少や商店主の高齢化等により商店街として活気が失われつつある状況です。このため、歴史あるこの商店街を商店街の事業者をはじめ、周辺事業者が活用し、地場産業の鞄をテーマに人やもの、情報が行き交う「カバストマルシェ」を開催することで商店街の活性化を図る。

昨年より(軽よん市は2年前より)継続イベントとして、毎月実施して参りました。
空き店舗も月に1回であればお貸し頂ける実績が出来、今後の空き店舗として活用させて頂くきっかけとなっていることが評価される。
本年度は、市内の方々だけでなく、観光客に外部からお越し頂けるよう、関西圏、城崎、出石、日高、但東へも広報の方法に工夫してまいりたいと思います。
カバン作家さんも少しづつ増えており、小売店を起業したい若者への機会の創出が図られるよう更に取り組みたい。近隣の商店街からも一緒出来ればという期待の声も聞き、今後中心市街地が活性するきっかけとなるよう継続していきたい。